ペーパーマリオ オリガミキング バトルシステムは「パズル×アクション」

ペーパーマリオ オリガミキング バトルシステムは「パズル×アクション」

ペーパーマリオシリーズの最新作「ペーパーマリオ オリガミキング」が7月17日に発売されることが発表。今作のバトルシステムはどのようなものになるのでしょうか。

360°バトル

今作では、360°バトルと呼ばれる戦闘が行われます。

4つに分かれたそれぞれの円を回して敵の位置を移動させます。

リングそうさには制限時間とリングを回す回数制限が存在しています。

4つのリングのうち1つを自由に回し、配置を確定させた際に回数制限を1消費します。

敵を移動させたら「ぶき」を選んでバトル開始。敵を一列に「せいれつ」させることで、攻撃力アップのボーナス、一度に複数の敵を攻撃できるなど、試合を有利に運ぶことができます。


現在の情報では単に敵を一列に並べ、攻撃するだけのように見えますが、戦略的な要素も存在しているのでしょうか。続報を待ちましょう。

おうえん

バトルにはそのほか、「おうえん」というシステムがあるようです。

リングそうさ時にYボタンを押すことで、観客席にいるキノピオたちに応援してもらうことができます。

おうえんによる効果は今のところ分かっていません。ステータスアップなどの恩恵があるのでしょうか。

バトルシステムの予想

ここからは私の勝手な予想です。

単純な「せいれつ」だけではない?

公式サイトにバトルシステムは「パズル×アクション」とありますから、戦略性の高いパズル要素も存在しているのではないでしょうか。例えば、同じ種類の敵を整列させると追加ボーナス、特定の敵同士を整列させてしまうと強力化してしまう、それぞれのぶきの特性や攻撃範囲に合わせたリングそうさなど、戦略性のあるバトルもありそうです。

バトル中のアクション要素

バトルシステムが「パズル×アクション」であること、敵を攻撃した際の「エクセレント」表記があることから、ジャンプ攻撃で「敵を踏む直前にAボタンを押す」などの戦闘アクション要素が存在している可能性があります。

怒りマーク

怒りマークは次のターンに攻撃してくる相手の示している?

怒りマークが付いていても「攻撃されると次の敵の攻撃がキャンセルされる」という仕様であれば、どの敵を整列させて攻撃するか、戦略性のあるバトルにもなりそうです。

created by Rinker
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
¥3,350 (2020/08/09 10:16:08時点 Amazon調べ-詳細)