Nintendo Creators Programサービス終了 今後はプログラムの加入なく動画の収益化が可能に

Nintendo Creators Programサービス終了 今後はプログラムの加入なく動画の収益化が可能に

YouTubeなどで任天堂の許可したタイトルを配信し、収益化できる「Nintendo Creators Program」のサービスが12月末でサービスを終了します。今後はガイドラインを遵守すれば、プログラムの加入なく、任天堂のゲームを収益化させることができます。

任天堂 – ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン

収益化可能なもの

収益化できる動画は任天堂の著作物のゲームかつ、「自身の創作性やコメントが含まれた動画や静止画」となっています。創意性のないものや他の人の動画をそのまま転載したものは収益化の対象にはなりません。例外として、Nintendo Switchのキャプチャー機能で撮影した動画/静止画については収益化が認められています。

当然、発売日やサービス開始日を迎えていないタイトルは収益化の対象にはなりません。例外として、発売/サービス開始前のものでも、任天堂が公式に公開した任天堂の著作物は収益化の対象になります。また、チート行為などの不正な改造についてももちろん収益化対象外です。

ちなみに、収益化の対象は「任天堂の著作物のゲーム」ですので、ファンアートなどの二次創作品は収益化できません。

収益化できるサイト一覧

2018年11月29日現在、収益化可能な配信サイトは以下の6サイトです。動画投稿のほか、生配信やTwitter投稿も収益化の対象になっています。

  • Facebook「Facebookゲームストリーマー」/「Facebookレベルアッププログラム」
  • ニコニコ動画/生放送「クリエイター奨励プログラム」/「ニコニコチャンネル」
  • OPENREC.tv「OPENREC Creators Program」
  • Twitch「Twitchアフィリエイトプログラム」および「Twitchパートナープログラム」
  • Twitter「Amplify Publisher Program」
  • YouTube「YouTubeパートナープログラム」

収益化可能なサイトやサービスは随時更新されていきます。

created by Rinker
サイバーガジェット
¥5,200 (2019/05/24 03:49:04時点 Amazon調べ-詳細)


その他カテゴリの最新記事