ゲームについて思いついたことを書く

ニンテンドースイッチのソフトを中心に、期待する新作ゲームやプレイしているゲームについての情報や思ったことを記事にしています。

ニンテンドースイッチ 操作感や性能のレビュー

time 2017/03/04

ついにニンテンドースイッチが発売されました。発売日に手に入れることができたので、一日ニンテンドースイッチを触った感想を書きたいと思います。




開封時の印象

想像よりも小さい

画像や動画では散々見ていたはずのニンテンドースイッチでしたが、想像以上に小さくて驚きました。

ネオン色が強い

私はマイニンテンドーストアでネオンレッドのニンテンドースイッチを買ったのですが、画像で見るよりもかなりネオンの色が強く出ています。真っ赤というよりも、少しオレンジがかった色になっています。

ジョイコンのスティックとボタンが小さい

ボタンが小さいのは分かっていたのですが、スティックも一回り小さくてびっくりしました。

プレイ時の印象

ニンテンドースイッチと同時に購入したゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドで操作してみての感想です。

ボタンとスティック

慣れてくるとボタンやスティックの小ささは気にならない

最初はボタンとスティックの小ささに違和感がありましたが、しばらくプレイしていると気にならなくなってきます。

L,RボタンとZL,ZRボタン

ジョイコンの幅が狭いため、WiiUゲームパッドなどの従来のコントローラーに比べて人差し指を添えるZL,ZRボタンの部分が少し高い位置になっています。L,Rボタンの位置にまだ慣れていません。

携帯モード時の操作

右スティック

携帯モード時の右スティック操作に少し違和感があります。右スティックと親指の間隔が狭いため、親指での右スティック操作が窮屈でした。

ジョイコン部分

ジョイコンの裏側にグリップが無いため、少し操作しづらいです。3DSやDSの操作に慣れている人は問題ないと思います。また、ホリから出ている【Nintendo Switch対応】Joy-Con専用カバー ソフトタイプ for Nintendo Switchをつけると、グリップ部分が改善されます。ちなみにジョイコングリップを着けた状態ですと、ジョイコンカバーは装着できないとので注意してください。

ジョイコングリップ装着時の操作

ジョイコングリップに関しては特に違和感もなく、グリップも手にしっかりと馴染みます。

Proコントローラーを買うべきか


Nintendo Switch Proコントローラーを買うべきなのかは悩みどころです。ジョイコンに多少の違和感はありますが、まだ一日触っただけですし、ジョイコングリップ操作に慣れてくるのではと思ってはいます。

スプラトゥーン2はProコントローラー推奨?

ただ、夏に発売されるスプラトゥーン2では公式でProコントローラーの推奨が検討されています。

野上 すべてのコントローラーでプレイできるように開発しています。標準で入っているのがJoy-Conコンで、Joy-Conだけでも遊べますが、『スプラトゥーン2』としてはJoy-Conグリップに装着した状態で遊ぶのが標準かなと思います。それに加えて、Nintendo Switch Proコントローラー。別売りではありますが、体験してもらうとProコントローラーでの触り心地はかなりよく、『スプラトゥーン2』のプレイヤーには推奨しようかなと考えています。もちろん、携帯モードでも遊べます。

現実と同じ2年の時を経て『2』に進化した正統続編! 各ブキの進化にも迫る『Splatoon2』開発者インタビュー【Nintendo Switchインタビュー特集】(2/2)

WiiUゲームパッドのジャイロ操作に慣れた弊害

前作のスプラトゥーンを遊んでいる方は重さのあるWiiUゲームパッドに慣れているため、ジョイコンとジョイコングリップの軽さに慣れないかもしれません。ゼルダの伝説 ブレス オブ ザワイルドでのジャイロによる弓矢操作時にジョイコン,ジョイコングリップが軽いなとと感じました。

一方、Proコントローラーはジョイコン,ジョイコングリップよりも重さがあり、WiiUゲームパッドに近い操作感になるのではないでしょうか。

Joy-Con充電グリップは買うべきなのか

私はJoy-Con充電グリップはあまり必要ないのではないかと考えています。

ジョイコン バッテリー持続時間

ジョイコンのバッテリー持続時間は約20時間もあり、長時間連続して遊ばない限りは充電が切れることがありません。ちなみに、ジョイコンの充電時間は約3時間30分となっています。

Joy-Con充電グリップのメリット

ジョイコンを充電するにはドックにさした状態のニンテンドースイッチにジョイコンを取り付けなければなりません。一方Joy-Con充電グリップであれば、ジョイコングリップにジョイコンを取り付けたまま充電することができますので、手間は省けます。

ニンテンドースイッチの性能

ホームメニューが快適

WiiUのホームメニューと比べると非常にレスポンスが良く、快適に操作できます。ニンテンドーeショップへの接続も速く、ダウンロードも快適に行えました。

フレームレートが安定しない

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドをプレイしての感想です。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドは可変30FPSのようで、特にTVモードではオブジェクトや敵の多い場面ではガクッとFPSが下がったように感じました。携帯モードでは画質を落として720Pに設定されているのに対して、TVモードでは920Pで本体をフル稼働させているため、FPSの低下が発生しているのではないかと思います。また、携帯モードではFPSの低下は感じられませんでした。

非常に広大なオープンワールドのゲームですので、ニンテンドースイッチの仕様,サイズや価格からすると妥当なのではないかと思います。

追記 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのフレームレートが改善されました。
ブレス オブ ザ ワイルド 1.1.1パッチでフレームレートが改善

画質

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドをプレイしての画質に関する感想です。

TVモード

WiiUよりも画質が向上しています。PS4やXbox Oneには劣りますが、寄り目のオブジェクトやキャラクターはWiiUに比べてきれいです。少し引き目のリンクの描写に少しジャギが目立つなと感じました。

携帯モードとテーブルモード

実際はTVモードよりも画質が落ちていますが、画面が小さいため、画質が落ちたように見えません。感覚的にはTVモードと同じぐらいの画質に感じました。








down

コメントする




ノーモア★ヒーローズ TRAVIS STRIKES AGAIN

RSS

follow us in feedly

最新記事をメールでお知らせ


にほんブログ村 ゲームブログ ニンテンドースイッチへ