ゲームについて思いついたことを書く

ニンテンドースイッチのソフトを中心に、期待する新作ゲームやプレイしているゲームについての情報や思ったことを記事にしています。

Nintendo SwitchPV内のスプラトゥーン2考察

calendar

reload

Nintendo Switchの初出PVの中のスプラトゥーンの映像を見て、気がついたことを書きます。

スポンサーリンク

イカ移動

過去にスプラトゥーン続編の妄想で書いた内容ですが、敵のインク上を泳いでいるように見えます。以前の記事では新たなギアパワーの能力ではないかと予測しました。

チャージャー

映像の中に射線のついたブキを構えるキャラクターが確認できます。おそらくチャージャーでしょう。

従来通り、射線は飛距離に比例して伸び、チャージ完了とともにエフェクトが発生するようです。

動画2:46あたりから

PCでご覧の方は動画の画面をフルスクリーン、画質を1080P、再生速度を0.25倍にすると確認しやすいです。

私だったらこう調整する

  • チャージが完了する前から射線を最長距離まで伸びた状態にする

射線を伸びきらせる理由

射線が伸び切っているため、常に障害物などに射線を隠さないと敵に逃げられやすくなります。そのため、射線を隠しながら敵を狙いやすい”スコープなしチャージャー”の需要が伸びるのではと考えました。

ちなみにスコープなしチャージャーの需要を伸ばす別の調整案も以前に載せています。
Switch版スプラトゥーンのチャージャー調整案

ローラー

初見では気づかなかったのですが、右のほうにローラーを操作している画面があります。

通常のローラーだと思ったのですが、塗り速度はWiiU版スプラトゥーンのカーボンローラーに近く、素早いです。

動画2:46あたりから

Switchのスプラトゥーンはカーボンローラーが標準になるのではないかと予測します。ローラーの見た目もカーボンのような質感です。