ゲームについて思いついたことを書く

ニンテンドースイッチのソフトを中心に、期待する新作ゲームやプレイしているゲームについての情報や思ったことを記事にしています。

Nintendo SwitchのPVを見て妄想するスプラトゥーン2

calendar

reload

Nintendo Switchの発表と同時にスプラトゥーンの続編らしき映像も公開されました。なので勝手な妄想を書こうと思います。

スポンサーリンク

PVを見て思ったこと

敵陣地をイカ移動

今回のスプラトゥーンは相手のインクの上でもイカ移動できる?

相手のインクの上をイカ移動で泳いているように見える

動画2:46あたり

相手のインクの上をイカ移動できるようになるギアパワーがあるのではないか。それだけでは強力なので、デメリットとしてスリップダメージを受ける速度が2倍になると予想する。



性能に差がある同種のサブウェポンの登場

EスポーツをイメージしたPVになっており、前作よりもブキのバランス調整を重視するのではないか。そこで、性能の違う同種ブキで調整を図るのではないかと予想した。

WiiUのスプラトゥーンでは、ヒーローモードの中でサブウェポンを強化できた。この強化前と強化後のように、威力や塗り面積など性能の異なる同種のサブウェポンが出るのではないかと考えた。

同じサブウェポンでも異なるデザインにして見た目で判断が可能

(↑画像左が通常のスプラッシュボム,画像右がヒーローモードのスプラッシュボム)

これにより、ブキの強さの調整が容易になるのではないだろうか。従来のスプラトゥーンでは、メインウェポンやサブウェポンを調整することによって複数のブキが影響を受けてしまっていた。例えば、スプラシューターコラボのメインウェポンを調整するとスプラシューターも弱体化の影響を受けるたり、クイックボムを調整するとクイックボムを備えているすべてのブキが影響を受ける等。性能差のある同種のサブウェポンがあることによって武器ごとに性能の調整が可能になる。