ゲームについて思いついたことを書く

ニンテンドースイッチのソフトを中心に、期待する新作ゲームやプレイしているゲームについての情報や思ったことを記事にしています。

ツリーハウスLIVE Splatoon2動画情報のまとめと考察 その1

calendar

reload

この記事はツリーハウスLIVE Splatoon2動画の情報を考察 その2に続きます。

米任天堂のNintendo TREEHOUSE Live with Nintendo Switchからわかった新要素を項目ごとに見ていきます。

スポンサーリンク

味方と敵のブキ一覧が画面上部に表示される

味方、敵のプレイヤーがどのブキを使用しているのかが一目瞭然です。また、プレイヤーの登場シーンも改善されており、試合前にもブキの確認がしやくすなりました。

Splatoon2 インクリング登場シーン

内容は異なりますが、目的としては私の修正案と似ています。

スプラトゥーン修正案マイナーチェンジ版のブキの判別(pdf)
しばらく経っても表示されない場合はリロードをお願いします。

新ブキ スプラマニューバー

クロスヘアが2つある

2つのクロスヘアの間隔が狭いので近距離であれば両方のインクを同時に当てることもできそうです。また、インクのバラツキもほとんどなさそうです。

動画1:54:45あたり

高速移動後にインクを撃つとクロスヘアが1つになる

通常の攻撃と同様に高速移動後の攻撃もバラツキがほとんどありません。

動画1:55:45あたり

スペシャルウェポン ジェットパック

ジェトパックの使用時間が終わるとスーパージャンプのように降下して地上へ戻ることができます。また、使用時間が終了間近になると警告音で知らせてくれます。

動画1:56:9あたり

倒されたプレイヤーの名前にバツ印がつく

動画1:56:40あたり

これは私のスプラトゥーン修正案と非常に似ていました。

スプラトゥーン修正案 キルカメラの改善(pdf)
しばらく経っても表示されない場合はリロードをお願いします。

スプラトゥーン修正案 キルカメラの改善説明文抜粋

  • キルカメラは倒されてから一定時間後に表示される。 そのため、倒されてからキルカメラが表示されるまでの間に相手に起こった出来事は把握 できない。 したがって、相手が死んでいるのかイカセンプクしているのかの判断が難しい。

スペシャルウェポン マルチミサイル

着弾予告から実際の着弾までの時間が長い

Splatoon2のPV動画からわかる情報を考察してみたの記事では、着弾予告から着弾までが短く避けるのが難しそうに見えると記載しました。しかし、この動画を見る限りでは着弾予告のマークが見えてから簡単に避けているように見えます。ただ、予告地点に着弾するわけではなく、ある程度狙ったプレイヤーに追尾するため、大きく移動できない場所では避けるのが困難な場合もありそうです。

動画1:59:15あたり

スペシャルウェポン ハイパープレッサー

壁や障害物を貫通できる

動画1:59:37あたり

ハイパープレッサーは移動できない固定砲台で、壁や障害物を貫いてプレイヤーに攻撃できるようです。攻撃範囲は狭いため、しっかりと敵の位置を把握しておかないと当てるのは難しそうです。

[追記]
移動、移動しながらの攻撃ができることを確認しました。

この記事はツリーハウスLIVE Splatoon2動画の情報を考察 その2に続きます。